無我夢中にサブ50

フルマラソンをキロ4で走る男のブログ

フォアフット。

ども!

ご来訪ありがとうございます!

今日も朝活です。

今日は坂道ダッシュ200×10です。

f:id:toshi1135:20170405054956j:image

f:id:toshi1135:20170405055002j:image

奇数のところがダッシュ区間

後半に向けてビルドダウン〜〜

というのも昨日は職場の懇親会!

暴飲暴食の影響で6本目から吐気がしてました♪

ただ、10本はやると決めたのでなんとかコンプリート(^^)

これはこれでよかったのかなww

後飲み会後のルーティーン…

f:id:toshi1135:20170405055520j:image

学習能力なし…誰か叱ってください…

でも美味しかった♪

さて話は変わりますがフォアフット!

皆さんご存知のとおりだと思いますが、着地を足の前部でする走り方!

現在のランニング界ではフォアフットが推奨されているのかな?

ただ、フットストライクは個人差があるもの!

フォアフットは確かに速く走れる!

短距離の時なんてほぼフォアフットだし!

だからこそアディゼロ匠ブーストには前部にブーストが搭載されているのだろう。

ただ、このブーストを使う走りをすると即座に脹脛が攣るww

そこで思ったのは踵着地って悪いのか?ということ。

意外だが、その場に立った状態で足裏の前部のフォアフットと言われる状態に体重をかけてみるとどうなるだろう?

答えは、重心は後ろに向かって流れてしまう。

一方、同じ様にその場に立った状態で踵に体重をかけてみるとどうなるだろう?

答えは、重心は前に向かって流れる。

これって実は踵を上手く使えば速く走れるのかな?と思ってしまう。

ただし根拠はない。

何が言いたいかというとフットストライクには個人差があり、人それぞれにベストな場所があるということだ。

だからこそ、走って

フォアフットにしなければ

何て考える必要はない。

自分にあった場所で着地すればいいのだ!

ちなみに私は

足裏全体着地を意識して

いる。

これが私のフットストライクだ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

こんな感じで何かしら考えながら走るのも楽しいものですね(^^)

後、大阪マラソンのアスリートエントリー!

忘れてました〜〜ww

抽選で申し込みします( ´∀`)