無我夢中にサブ50

フルマラソンをキロ4で走る男のブログ

クレーマー2。

ども!

ご来訪ありがとうございます!

今日も朝活です。

今日は昨日までの出張の食べ疲れもあったのでゆるジョグ。

f:id:toshi1135:20170921054205j:image

ゆるジョグすると股関節が固まる感じがするので最後に流しを3本して股関節を動かしておきました。

その後体幹トレーニングして終了。

また、広島での暴飲暴食したものの体重は変化なし。

もしかして俺…

食べても太らない体になったのか?

な訳ないかww

ということで今日も気持ちよく走れたのでよし!

さて、話は変わるが先日のコンビニ店員の話。

その後続報があるので書いておきたい。

袋事件を受けた数日後また俺は同じコンビニへ行った。

入店し一番に確認したのはあいつがいるかどうかだ。

一番端のレジ。

いた。

あいつだ

その時点で俺の買うものは決まった。

当然、サラダ、ゼリー、ソイジョイのOL商品だ。

迷う事なく商品を陳列棚から取り一目散にあいつのレジに並ぶ。

だがここで問題が生じた。

あいつが担当するレジの横にはもう一つのレジがある。

当然昼時のため店内のレジは全てフル活動。

俺はあいつのレジともう一つのレジの間の列に並んでいるので、場合によってはあいつにレジ打ちしてもらえない可能性ある。

ドキドキしながら会計を待った。

コンビニでこんな気持ちになるのは初めてだ。

そして俺の番が来た。

するとあいつから『次のお客様どうぞー』と言われた。

きたっ!第一関門突破。

エントリー完了。

そして俺はOL商品を差し出す。

覚えてないとは言わせねぇ。

数日前の事だろ?

さぁ今日はちゃんと大きい袋に入れて俺を満足させてくれ。

そして600円位の料金を告げられ財布からお金を出す、あいつは袋を選ぶ。

ここまでは接客態度に問題はなく笑顔もありまったく問題はなし。

唯一あげるとすれば、甲高い声が耳に触るとこ。

あいつの声はいつ声変わりするんだろうか?

てかよく見ると端正な顔立ちをしてる事に気付いた。

この前は袋に注目してたからしょうがない。

もし大学生ならモテるだろうな。

てか彼女いるんかな。

とまぁ話はそれたが、会計時における一連の流れは続いていた。

そしてあいつがOL商品を入れるための袋を取ろうとレジ下に向けて前かがみになった。

俺としては、さぁ今日はどの袋を選ぶよ!

頼むぜ。

ちゃんと選んでくれよ。

ブログにも書けないだろ?

とか色々考えていた。

そしてあいつの手が袋にかかろうししたその時だった。

レジの後方から『◯◯君』と声がした。

するとあいつは伸ばした手をスっと引き甲高い声で『はい』と言って、その声の方へ振り向いてしまった。

まじで?

どーすんの?と呆気にとられていたところ、二人体制だったあいつのレジの相方がすかさずジャストサイズの袋をチョイスしOL商品を入れてくれた。

今日も惨敗。

しかしあいつ中々やる。

客が目の前にいるにも関わらずそれを途中で投げ出すなんてww

ただ近々また合間見えるだろう。

それまでせいぜい頑張って接客スキルを磨いてくれ。

そして、ジャストサイズの袋をチョイスしてくれ。

てか、俺このコンビニであいつと戦おうとするといつもサラダ、ゼリー、ソイジョイしか買えないので昼からメチャクチャ腹減るw

中々クレーマーにはなれないものだww