無我夢中にサブ50

フルマラソンをキロ4で走る男のブログ

LSKD。

ども!

ご来訪ありがとうございます。

今日も朝活です。

今日はLSKDです。

LSKDとは、ロング、スロー、起伏、ディスタンスの略。

ただ、LSDしてもつまらんのでそこに起伏を混ぜて走ったというだけ。

f:id:toshi1135:20171022081910j:image

このペースなら50キロくらいまでなら走れるかな。

でも今日は雨だし台風前なので何となく自宅に帰ったら27キロだった。

ただ、注目してほしいのはタイム。

2:48:00。

キロ4でフル走るとこれくらいのタイムになる。

なんか個人的に狙ってなかったけどこのタイムになったことが嬉しかった。

ちなみに今日のKはこんな感じ。

f:id:toshi1135:20171022082156j:image

まず、最初のKはいつもジョグで使うK。

そして二番目のKは松山城のK。

司馬遼太郎関ヶ原の中でもちょいとでてくる松平家

あまり良いように描写されていないためか俺の中のイメージも悪い。

そのため気分的には松平藩主の首を狙うべく城の坂を登った。

しかしかなりの勾配。

かつ足元には風で飛ばされた落ち葉や木の枝が散乱していた。

何度か滑りこけそうになったので天守閣までは行かずに下山。

やはり中々簡単には天守閣まではいけないものだと、改めて先人達の凄さを実感した。

そして3個目のKは瀬戸風峠という3キロ程あるK。

ここは松山のランナーには結構有名なコース。

足腰を鍛えるにはもってこいの坂道だ。

ただ、今日は台風前の土砂降りだったので誰もいないと思ったが一人のランナーとすれ違った。

この人も大分狂っているだろう。

今日はシャワーランというか、かなり降ってるのでずぶ濡れだ。

風呂上がりのような状態。

言い換えるなら、お風呂ランだろう。

そんな中早朝に走っているのだからネジ2本位は飛んでいるはず。

ただ、俺とそのランナーはあたかも普通でしょと言ったかんじでおはようございますと挨拶を交わした。

気持ちいい朝だ。

そして最後のKはもう一度いつものKをお代わりしておいた。

Kのメリットとしてはペースが遅くとも心肺を追い込めかつ足腰を鍛えられるといういい所しかない。

今日も心拍と高度を確認すると、

f:id:toshi1135:20171022083731j:image

高度が上がるにつれ心拍も上がっていた。

心拍150なら昨日のペース走とも10くらいしな変わらない。

しかし、今日の登りのペースはキロ7〜8位。

このようなペースでも心拍は追い込めるのでこんな合理的な練習はないと思う。

まぁそんな感じで今日はLSKDを満喫して満足感を得られた。

そして話は変わるが昨日は長男の参観日に行ってきた。

ちなみにここから先は長文になるので興味がなければスルーしてスターを3つほどつけてくださいww

こんな案内ももらっていたしね(^^)

f:id:toshi1135:20171022084236j:image

授業内容は子供達がそれぞの班に分かれ、お店屋さんを開くというもの。

長男の店はどんぐりコマで遊べる店。

長男はベイブレイドが大好き。

その才能を遺憾なく発揮していた。

そして俺も店を訪れコマを回したが0点だった。

すると、長男以外の店員さんに残念というカードをもらった。

いわゆる残念賞だ。

しかし、それを見ていた長男が、別のカードに差し替えてくれた。

カードはおめでとうと書いてあった。

ちょっぴりこすいけど、その優しさが嬉しかった。

可愛いやつ(^^)

そして授業が終わり皆んなで帰宅した。

ただ、奥さんが参観中ずっとママ友と話しており長男の描いた絵や造形作品を見ていないことが、少し寂しかった。

なので就寝前にそのことを告げた。

すると話していたママ友の息子が人違いではあったが、ランドセルに死ねと書かれたらしくその話をずっと聞いていたそうだ。

死ねという言葉を使う一年生がいることにびっくりしたが、それ以上にびっくりしたのは書いた子の親からママ友の所に謝罪がないらしい。

聞くところによると、その書いた子の親は謝罪の必要があるのかと学校に言ったらしい。

なので学校側としても謝罪は任せた訳だが謝罪がないらしい。

まぁ人それぞれかもしれないが、長男が同じことをしたら、計り知れないほど寂しくなるし、物凄い怒ると思う。

そして長男を連れて相手の親御さんに謝罪に行くと思う。

それを奥さんに伝えたら奥さんも当然やろと。

この辺の感覚はやはり夫婦なので同じか。

まぁ小学校も色々あるなと思った。

幸い長男は人と争うのが嫌いなので揉めたりはしていなく、その死ねと書いた子ともうまくやっているようだ。

まぁ仲のいい友達は他にいてその子達中心に遊んでいる。

長男が間違ったことをしないようちゃんとダメなことをダメと教えてあげないといけないと改めて思った一日だった。